So-net無料ブログ作成

雲の階段 結末 原作 [本]

スポンサードリンク

雲の階段 結末 原作



渡辺淳一 さん原作「雲の階段」のドラマが日テレで放送されています。

原作の方の結末はどうなっているのか、ネタバレしたいと思います。


結末を書く前にどんな話かあらすじを書きますね。



相川三郎(長谷川博己)は、とある離島の診療所に事務員として勤めていました。

そこは過疎による医師不足で悩んでおり、診療所の所長(大友康平)は三郎の手先の器用さに目をつけ、

医師免許を持たない三郎にメスを握らせ、指導を行っていきます。


三郎は、その器用さと真面目さでどんどん治療法を覚え、

島の人々から「若先生」と呼ばれるまでになります。


違法行為をしている自覚はあるものの、

「島から出なければいい」「これは人助けだ」と自分に言い聞かせ、

診療所で医師として働き続けます。


診療所の看護師である鈴木明子(稲盛いずみ)は、

三郎を愛し、無資格での医療行為を肯定し、支えていく覚悟を決めました。


ある日、島に遊びに来ていた大病院の令嬢田坂亜希子(木村文乃)は、

子宮外妊娠の病状が悪化し、命の危機に瀕します。

診療所の医師が不在の中で、三郎が執刀し、亜希子は奇跡的に命を取り留めます。


この亜希子との出会いが、三郎の運命を大きく変えてしまうことになります・・・。



ここまでがあらすじです。



三郎を演じる長谷川博己さんの演技は個人的にかなり好きなので、

今回のドラマ「雲の階段」での演技も注目したいです。(^^)



では原作の結末を書いていきます!



三郎(長谷川博己)は亜希子(木村文乃)と恋仲となります。

田坂総合病院の病院長である亜希子のは、三郎の腕を買って

医師として自分の病院に招き入れます。


三郎はずっと放浪していた自分の父親を探していましたが、

浮浪者だったため、病院で満足な治療を受けることができずに

死んでしまったことを知りました。


そして治療を施さず見殺しにした病院が、亜希子の父の病院だったのです。


三郎は父の敵である病院に敵意を抱き、

一方の亜希子の父は二人の恋仲を知り、

娘かわいさのあまり三郎に嫉妬し、交際に反対します。


三郎はとてもいい人なので、病院への復讐をするのではなく、

浮浪者でも治療を受けられる病院を作ろうと考えます。

そして病院長を欺きつつ、計画を進めていきます。


三郎と亜希子は結局結ばれることができ、子供を授かることもできました。


しかし三郎は無資格であることがバレてしまい逮捕。

理想の病院を作る計画も断念することとなります。


出所後、亜希子と子供が迎えてくれます。

その後、で診療所の医師として再び働き始めます・・・。



以上が原作の結末です。



今回のドラマは原作と結末が同じかどうか分かりませんが、

個人的には違う展開も見てみたいなと思います。



なんにせよ面白い物語であることは間違いないでしょう!

ドラマ「雲の階段」の今後が楽しみです。(^^)

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。